ダイヤモンドの物理的特徴について

ダイヤモンドの物理的特徴を詳しく把握しておこう

ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

ダイヤモンドは自然の産物で、永遠に輝くという特徴を持った特別な鉱石です。世界で一番硬い鉱物のため、傷がつきにくく、ダイヤモンドを加工するにはダイヤモンドで削るというくらい硬いものです。天然石の硬度は、モース硬度によって表しますが、それはドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案されたものです。ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案されたものは、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けをするというものでした。

10段階で、その数字が大きければ大きいほど硬度が高くなり、ダイヤモンドはモース硬度では10の段階に位置づけられます。段階9に分類された鉱物はルビーやサファイア、段階8はトパーズ、段階7はクオーツというように段階づけられています。モース硬度では一番硬度が高いダイヤモンドですが、傷がつきにくいからといって割れにくいわけではありません。

ダイヤモンドは、ちょっとした傷はつきにくいですが、強い衝撃には弱いのが特徴です。強い力でぶつけたり、ハンマーなどで叩いたりすれば、つぶれて欠けてしまいます。また、ダイヤモンドは熱にも弱いので、管理方法にも気をつける必要があります。ダイヤモンドは永遠の輝きを放つ鉱物ですから、ダイヤモンドには新品や中古という概念はありません。

また、ダイヤモンドはアクセサリーとして楽しむのがもちろん、資産価値がありますので投資対象としても需要があります。近年は新興国の富裕層を中心に、ダイヤモンドの需要が高まっており、ダイヤモンド買取でも買取価格に高値がつくことがあります。ダイヤモンド買取では、価格を査定する上で、カラット・カラー・クラリティ・カットの4つを基準に査定します。

カラットはダイヤモンドの重さで、当然ながら大きい方が価値が高くなります。そしてカラーはダイヤモンドの色で無色の方が価値が高くなります。クラリティはダイヤモンドの不純物の含有度で、キズや不純物は少なく目立たないものが価値が高くなります。また、カットはプロポーションや対称性・研磨の状態のことで、一般的にダイヤモンドの美しさを最大限に活かせるラウンド・ブリリアント・カットは買取価格が高くなります。

ダイヤモンド買取を行っている業者は多いですから、ダイヤモンド買取をしてほしいときは、複数の業者に見積り査定を取りましょう。そうすることで、信頼できるダイヤモンド買取業者に、納得できる価格で売却することができます。

■関連サイト

リサイクルと断捨離に欠かせないブランド買取はこちら

サイト項目

2016/10/12
レコードの針などの工業用途も広い宝石はダイヤモンド買取に売却可能

2016/05/06
ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

2016/03/02
ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

2016/01/20
ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

2015/10/13
レーザー光線で含有物の処理をした宝石はダイヤモンド買取で安い価格になる

2015/10/08
ダイヤモンド買取では取り扱いは丁寧に!ダイヤモンドの靭性は水晶と同じ7.5 で、ハンマーなどで衝撃を与えれば粉々に割れてしまう

2015/10/08
ダイヤモンド買取の物理知識。ダイヤモンド圧子を使用して物質の硬さを量的に測定する事で、個体によってそれぞれ硬度が異なる事を確認できる

2015/10/08
ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

2015/10/08
ドイツの鉱物学者フリードリヒ・モースによって考案された、鉱物で初めて傷がつくかを調べて10段階の位置付けで硬度10に分類されたダイヤモンド買取

2015/05/30
天然ダイヤモンドの比重は3.52で全ての天然ダイヤモンドは比重水の中で沈むことを確かめてからダイヤモンド買取へ

Copyright(C)2015 ダイヤモンドの物理的特徴について All Rights Reserved.